事業紹介事業紹介

明日の都市環境を創り、伴に走り続けるのが私たちの使命明日の都市環境を創り、伴に走り続けるのが私たちの使命

私たち日本設備工業株式会社は1966年(昭和41年)建築設備の総合エンジニアリング企業としてスタートしました。
現在、空調・衛生工事などの一般設備、集合住宅リニューアル、店舗商業施設、管更生工事などを中心にした事業を展開しています。
全国に展開するサービスネットワークでお客様のご要望にお応えしております。

空気調和設備

空気調和設備

都市空間の多彩なニーズに応える

imageimage

都市空間の多彩なニーズに応える

多くの人が働く高層ビルやインテリジェントビル、様々なテナントが入った商業施設、最新の医療設備を持つ病院など。都市は様々な空間で構成され、その空間の性質に応じて多様で高度な空調技術が求められています。当社は、こうした建築物の空調設備について、顧客ニーズをもとに空調プランニングを提案するコンサルティングから、設計・施工・メンテナンスまで、すべてに一貫して対応するトータルエンジニアリングで高い評価を得ています。特に近年は、建物本体そのままで、空調設備だけを改良・更新するリニューアル分野へ積極的に進出。日本を代表する全国の著名な高層ビルをはじめ、大手外食チェーンが展開する店舗の空調設備など、豊富な実績を誇ります。また、こうした一般空調で培ったノウハウと先進の技術力により、特殊な空調設備が求められる病院や、食品・医療メーカーの工場、超微細な半導体製造のためのクリーンルームなど、産業用設備の分野でもその力を発揮し、産業の発展に貢献しています。
常に最新の思考と技術を導入し、様々なケースにフレキシブルに対応していく。まさにそれが、当社の強みとなっているのです。

給配水設備

給配水設備

都会の動脈、静脈を支えるアクア・エンジニアリング

imageimage

都会の動脈、静脈を支えるアクア・エンジニアリング

給水を人間の動脈にたとえるなら、排水は静脈。どちらもパーフェクトに機能してこそ、建物も生き生きと機能します。当社は、こうした建築物の給水・排水ラインやガス設備をトータルシステムとしてとらえ、設計・施工から完成後のメンテナンスまで一貫して行っています。それは、いわば動脈と静脈がパーフェクトに機能する“クリーンウォーター空調”を創り上げることでもあります。給排水衛生設備を「設備」としてではなく「システム」としてとらえ、そこに最先端技術を結集。まさに“アクア・エンジニアリング”と呼ぶにふさわしいノウハウを誇っています。また、水質資源問題を解決する節水システムや、火災などの災害に備えた最新の防災システムの提供にも力を入れています。特に、ビルの高層化、大規模化、機能の高密度化にともない、防災設備の重要性が高まっており、都心の高層ビルなどで当社の技術が活かされています。都市の動脈と静脈としてのライフラインを支え、それらを円滑に機能させることで、社会へ貢献していく。それが当社の役割であり、一般空調設備と一体になって、サービスの提供を行っているのです。

管更生工事

管更生工事

給水から排水まで管更生の独自技術で業界をリード

imageimage

給水から排水まで管更生の独自技術で業界をリード

ビルやマンションには、給水管をはじめ、排水管、ガス管、給湯管などが網の目のように張り巡らされています。一般にビルの建築物体の耐久年数は50~60年ですが、これらの管は10~15年でサビを生じ、漏水などの問題を引き起こします。こうした問題を効果的に解決するために、当社が独自に開発したのが給水管更生技術の「NT工法」と、排水管更生技術の「Re-FLOW工法」です。赤錆や異物が付着した給水管や排水管を、新管と取り替えることなく再生します。しかも、ワンデーツーコート塗装で施工した次の日から使用できるなど工期も短縮。オフィスビルやマンションなどの管類の再生で大きな成果を上げ、高い評価を受けています。